《ふくろう動物病院》は飼主様と大切な家族であるペットの質の高い生活をトータルサポート致します

夜間救急診療

時間外診療(夜間対応)について

基本的には可能な限り時間外診療や夜間診療に対応させていただきます。
夜間に緊急手術をしている時、夜間の学会出席、自宅から離れてしまっている場合、深夜で電話に気がつけなかった場合など、診察ができない場合もありますのでご了承ください。

このような場合は直にご連絡下さい

  •  交通事故や落下事故
  •  けいれん発作
  •  大量の出血や出血がとまらない
  •  頻繁に嘔吐する
  •  頻繁に尿をする、トイレに行く
  •  異物を飲み込んでしまった
  •  よだれが大量にでる
  •  おなかがパンパンに張って苦しそう
  •  腰が抜けてしまって歩けない
  •  いつもおとなしい子が体を触ると咬みにくる 
                           など

  上記の症状以外でも、飼主であるご家族様が救急であると判断された場合は、ご連絡
  いただきますようお願いいたします。

 受診方法

  ふくろう動物病院 054−264−0133 までお電話下さい。
  基本的にすべて院長の携帯電話に転送されます。
  電話に応答できず、留守番電話になってしまった場合は、必ずご用件をお願いいたします。
  対応できる状況になり次第折り返しのお電話をさせていただきます。

  自宅と病院が離れているため、直接病院に来られても対応できかねます。
  必ず電話でご連絡していただき、お時間を守って受診してください。
  

 ご来院するにあたって

  動物が緊急状態にあっても、病院に安全に連れてきていただかなければなりません。
  まずはご家族の方が落ち着き、安全にかつ冷静に行動してください。

  嘔吐や下痢のある場合は、吐物や便をご持参下さい。

  薬品や中毒を起こす恐れのある物を摂取してしまった場合は、薬や外箱等をご持参下さい。

  現在服用している薬や、最近の検査結果をお持ちの場合はご持参下さい。

 夜間診療に関する病院からのお願い

  緊急に診察、治療が必要だと思われる動物以外は、診療時間内に受診してください。

  基本的に獣医師1名での対応となります。検査や処置に手が必要な場合は、ご協力ください。

  病院の2階部分は関係者以外の住居となっております。
  夜間にインターホンを鳴らすなどの行為はしないようお願いいたします。

  通常の診療費に加え、別途時間外料金が必要になります。
  ご理解、ご了承下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional